金型のお悩み解決事例

抜きプレス金型の抜き圧力を減少させるには

抜きプレス金型の抜き圧力を減少させるには

シャー角付け

今回の案件はスリットです。プレス加工の抜き圧力を減少させるために、プレス上金型の切刃にシャー角を付けるという修正加工の依頼です。設計変更によりスリットの数が増えたため抜き圧力が大きくなり、プレス加工時のブレークスルー(解りやすく言うと、上金型が材料を突き抜けるときのプレス加工機の振動)が問題となりました。そのための改修です。

修正内容

加工内容はひとつのスリット形状が切り刃長78、板厚0.8、材質はSPHCです。これが約130個あります。シャー角は山形に付け、中央が高く、端との高低差は1.0に設定しました。高低差は一般的なシャー角より付けすぎだと思いますが、客先の要望なのでそのとおりに修正しました。当社のプレス機での加工では修正前より改善していますが、後は客先でのプレスで量産してみての結果待ちです。

お問い合わせ・ご相談・お見積

「金型が壊れたから急いで修理したい」「製造工程削減のアイデアが欲しい」など、お気軽にお問い合わせ下さい。