金型のお悩み解決事例

棚板高さ調節金具のプレス金型の設計製造

棚板高さ調節金具のプレス金型の設計製造

プレス金型で製造できる金具とはどのようなものか

ネジ止めによって金具を円筒形の支柱に固定することなく、位置決めを変えられる金具をプレス金型によって製作します。具体的には金具の形状を円筒状のテーパー形状にします。つまり上が狭く、下が広い形状にします。そうすることによって、金具を上から押せば、狭くなった部分が支柱に食いつき止るという方法です。位置を変えるときは、一旦 金具を下から押し上げフリーの状態にします。再度希望の位置に移動して、上から押して位置決めします。

プレス金型での製作工程はどのようになるのか

金具の部品の材質はステンです。板厚は1.2ミリです。したがって製作工程は、ブランク、1曲げ、2曲げの3工程で設定しました。

製品できあがりました

プレス金型製作としては、うまく行きました。プレス金型の製作で特に注意する点も無く、加工もスムースに出来ました。金具材質もステンであり耐久性も十二分にあり繰り返し使える良い製品が出来ました。

お問い合わせ・ご相談・お見積

「金型が壊れたから急いで修理したい」「製造工程削減のアイデアが欲しい」など、お気軽にお問い合わせ下さい。