金型のお悩み解決事例

棚板調整金具のプレス抜き型の形状変更

棚板調整金具のプレス抜き型の形状変更

プレス抜き金型の形状を何故修正しなければならないのか

今回の案件は加茂市のお客様からの依頼案件です。今回の依頼案件が発生した原因は、製品の試作用図面とプレス金型手配用の図面の内容が違っていたのに気づかず、試作用図面でプレス金型を手配したために起こってしまいました。

どのように修正するか

幸いプレス金型の設計は余裕を持って設計してありましたので、ダイスは入れ子対応で修正が可能です。抜きポンチは形状が小さくなる方向でしたので現在の物を修正して使うことにしました。

結果は

形状を変更した製品をうまく抜くことが出来ました。今回のようなことを防ぐには、プレス金型発注時に図面の発行日、寸法等をよく確認して、プレス金型屋さんへ発注してください。寸法等変更がある場合は発注先担当者に確認を取るなどの事も必要です。

お問い合わせ・ご相談・お見積

「金型が壊れたから急いで修理したい」「製造工程削減のアイデアが欲しい」など、お気軽にお問い合わせ下さい。