金型のお悩み解決事例

建築金物の押し込み曲げプレス金型の修理

建築金物の押し込み曲げプレス金型の修理

プレス金型はどのような状態なのか

今回のプレス金型の修理依頼先は三条市のお客様からの依頼です。材質はステン、板厚は2.5ミリです。製品は高さ190の押し込み曲げです。プレス金型はバカ押し構造の曲げ型です。今回は疲労のため下型が割れてしまいました。

プレス金型はどのような状態なのか

金曜日の夕方6時頃に修理依頼があり、翌週の月曜日に製品出荷の予定だそうです。持てる時間と、出来ることは限られているので客先と話し合い、今回は応急修理をして必要製品数を作り、そのあと恒久的な金型修理をするということになりました。修理方法はカケた部分を肉盛りして修理し、必要製品数を生産します。

結果は

月曜日の朝から生産を始め無事必要生産数を生産し終わりました。これから恒久的なプレス金型の修理をします。

お問い合わせ・ご相談・お見積

「金型が壊れたから急いで修理したい」「製造工程削減のアイデアが欲しい」など、お気軽にお問い合わせ下さい。