金型のお悩み解決事例

ラック支柱の穴明けのプレス金型

ラック支柱の穴明けのプレス金型

パイプの穴明けのプレス金型です

今回の依頼は三条市からのお客様からです。直径丸12.7ミリ、肉厚1.2ミリ、材質は鉄です。この材料に丸5.3の穴を11個明けます。穴の距離の近いところで30ミリほどです。

プレス金型構造はどのようなものか

パイプ形状からして、芯金を入れて加工すると強度的に芯金が弱く折れてしまうと判断しました。そこで、客先と相談して芯金無しで加工することにしました。そうするとパイプ上面がヘコミますがこの変形は良いということで客先から了解を得ました。

結果は

予想されたとおりパイプ上面は変形しましたが、予想された範囲なので製品上問題ないということで量産に移行しました。試作段階は1個作るのに穴明けだけで2時間近くかかったそうですが、プレス金型での加工では1個当たり2分もかかりません。

お問い合わせ・ご相談・お見積

「金型が壊れたから急いで修理したい」「製造工程削減のアイデアが欲しい」など、お気軽にお問い合わせ下さい。