金型のお悩み解決事例

ブランク型のカス詰まりの修理

ブランク型のカス詰まりの修理

プレス抜き型の修理案件の依頼です

今回の依頼は三条市のお客様からの依頼です。加工材質はバネ鋼、板厚は0.4ミリです。

プレス抜き型の状態は

切り曲げー外周抜きという工程で加工します。なので、抜き落とされた製品が必ず落下しないとバーリング部が干渉してしまいます。長年使用していたので二番ニゲの部分が傷んで打ち抜かれた製品がタダイスの中に残るようになってしまいました。修理方法としては、ダイス上面をケンマ、ダイス二番ニゲを再生して修理します。

結果は

長年使っていたので二番逃げの部分がだいぶ傷んでいました。この部分を修理したので、製品は1個ずつ落ちるようになりました。

お問い合わせ・ご相談・お見積

「金型が壊れたから急いで修理したい」「製造工程削減のアイデアが欲しい」など、お気軽にお問い合わせ下さい。