金型のお悩み解決事例

屋根金具部品のPI-BL形式のプレス金型の修理

屋根金具部品のPI-BL形式のプレス金型の修理

プレス金型を修理しなければならなくなった原因は

今回の依頼は三条市のお客様からの依頼です。板厚は2.3ミリ、材質は鉄です。修理箇所は材料送りに使っているパイロッチパンチが壊れてしまったので、そこを修理します。壊れた原因は何回もミスフィードをしてしまい、最終的にパイロットパンチが壊れてしまいました。また、ストリッパープレートのパイロットパンチのところの穴も変形してしまいました。ダイスのパイロットパンチの穴も変形して盛り上がってしまったのでこれらの箇所も修理します。

どのように修理するのか

パイロットパンチは標準部品を使用していたので、動径を一つ上げたものに取り替えます。ストリッパープレートの変形は、ワイヤーカット加工で新しいパイロットパンチの動径にあわせて修正します。ダイスの変形は少し歪んでいるだけなので、ダイアモンドやすりで修正して修理完了です。

結果は

試し加工をして問題なく加工できたので、そのまま納品しました。安全上の理由から、最近では送り装置による材料送りが増えてきています。設備投資に費用はかかりますが、人身事故を起こしてはいけないということが優先され、手送りではなく、機械送りが増えつつあります。又、人手の有効利用という観点からも将来少量生産でも機械送りが主流になると思われます。

お問い合わせ・ご相談・お見積

「金型が壊れたから急いで修理したい」「製造工程削減のアイデアが欲しい」など、お気軽にお問い合わせ下さい。