金型のお悩み解決事例

曲げ絞り金型のプレス仕様変更

曲げ絞り金型のプレス仕様変更

加工プレス仕様の変更の理由は

今回は三条市のお客様からの依頼です。材質は鉄、板厚は0.5ミリです。プレス加工の内容は、曲げ絞りという加工方法です。材料のロットによっては絞り部分が切れるので加工プレス機械をクランクプレスからサーボプレスへと変更しました。金型を取り付けやすくするためにダイハイトなどの変更を行います。

具体的な改修点は

プレス機と金型の現物を見て確認したところダイハイトの修正とクッションピンを長くしなければなりませんでした。他にも色々ありましたが、今回は改修費用の関係で以上2点を改修とすることになりました。

プレス加工機変更の利点は

サーボプレスでの加工になりますのでスライドが色々なモーションで動きます。今まで見たいに1回での曲げ絞りではなく少しずつ加工を進めていくことが出来るので、絞り部分での切れによる製品不良が減ると予想されます。但し材料が切れないように加工する為のスライドのモーションを見つける時間が必要になります。

お問い合わせ・ご相談・お見積

「金型が壊れたから急いで修理したい」「製造工程削減のアイデアが欲しい」など、お気軽にお問い合わせ下さい。