金型のお悩み解決事例

鍵部品の穴あけ型の修理

鍵部品の穴あけ型の修理

角穴空け型の修理依頼です

今回の依頼は三条市のお客様からの依頼です。30年以上使っていたプレス金型なので色々メンテナンスが必要な箇所があると思われますが、抜きバリが高いのを修理してほしいとの依頼です。材質はステン、板厚は2.0ミリです。

修理内容は

プレス金型を分解してみたところ、上パンチは傷んだところをケンマすれば修理できます。下プレス金型を分解してみたところ穴空け部分がヒビ割れていました。幸いヒビが入っていたところは入れ子方式に作ってあったので、入れ子を作り直せば修理完了です。

修理完了後の試し打ちの結果は

試し打ちの結果はバリの発生も無く、抜きカスも詰まることなく落ちました。今回のプレス金型は下型が入れ子方式になっていたので、修理としては時間がかかりませんでした。プレス金型を新作するときに、入れ子方式にするとプレス金型代金は高くなりますが、今回のようなときには、修理時間、費用とも早く、安く押さえることが出来ます。

お問い合わせ・ご相談・お見積

「金型が壊れたから急いで修理したい」「製造工程削減のアイデアが欲しい」など、お気軽にお問い合わせ下さい。