金型のお悩み解決事例

建築金具補強部品の曲げプレス金型の修理

建築金具補強部品の曲げプレス金型の修理

修理内容は

今回の案件は三条のお客様からの依頼です。材質は鉄、板厚は3ミリです。

金型構造は、ピアスーバーリングー切り曲げという順送形式のプレス金型です。壊れた箇所は最終ステージのハネ上げです。

壊れた原因は

曲げ角度が出ないので、直角にするためにプレスストロークを下ろしすぎたのが原因です。修理方法はこの部分を新作する以外にありません。

部品を新作した後の試作の結果は

壊れた部品を新作して、試作でプレス金型を調整しながら製品の直角を出しました。無事図面どうりの製品が出来上がりました。プレス金型取り付け時には上プレス金型の突き過ぎに注意してください。プレスストロークを下げるときは、製品の型当たりの具合を見ながら下げるようにしてください。

お問い合わせ・ご相談・お見積

「金型が壊れたから急いで修理したい」「製造工程削減のアイデアが欲しい」など、お気軽にお問い合わせ下さい。