金型のお悩み解決事例

郵便ポストのプレスピアス型の修理

郵便ポストのプレスピアス型の修理

単純な穴空け型修理です

今回の依頼は加茂市のお客様からの依頼です。単純な5×20の長穴空けですが、1回で空ける穴数が25個と多く、大きな抜き力を必要とします。材質はZAN,板厚は1.6ミリです。

金型の修理内容は

25年以上に渡って使っていた金型なので各所にメンテナンスの必要がありますが、今回は予算の関係で、壊れたパンチのみ交換としました。その他の必要なメンテナンスは今回の生産が終わってから行うということになりました。

試作の結果は

壊れた部品を交換しただけなので何も問題はありません。長年メンテナンスをしていなかったので、今回提案したメンテナンス料は高くなってしまいました。プレス金型のメンテナンスは定期的に行うと時間も掛からず、費用も安く済みます。なんといっても安定した生産が出来ます。

お問い合わせ・ご相談・お見積

「金型が壊れたから急いで修理したい」「製造工程削減のアイデアが欲しい」など、お気軽にお問い合わせ下さい。