金型のお悩み解決事例

建築金物の切断型の修理

建築金物の切断型の修理

切断型の修理です

今回の依頼は三条市のお客様からの依頼です。切断型のカット刃をケンマしたら糸のような切りくずが出るようになったので、それを直して欲しいという依頼です。材質はステン、板厚は1mmです。

原因はなにか

お客様は上パンチしかケンマしていなかったと言っていました。下型を見ると切り刃部が傷んでいました。原因がはっきりしないので、とりあえず傷んだ下型をケンマしてトライ加工してみることにしました。トライ加工してみると製品の切断面が端から20ミリ位のところまで引きちぎられた様になっています。ストリッパープレートの初圧が弱いのではないかと考え、押さえ圧力を強くして再トライ加工してみました。結果は変わりませんでした。次に切断刃のシャー角の角度を変えてトライ加工することにしました。

結果は

以前のように糸くずが出なくなり、きれいな切断面で加工出来るようになりました。

お問い合わせ・ご相談・お見積

「金型が壊れたから急いで修理したい」「製造工程削減のアイデアが欲しい」など、お気軽にお問い合わせ下さい。