金型のお悩み解決事例

室内内部の補強金具のプレス曲げ型

室内内部の補強金具のプレス曲げ型

単純な押し込み曲げ形式のプレス曲げ型です

今回の依頼は三条市のお客様からの依頼です。左右対称の単純な押し込み曲げ型です。見積もりから発注まで半年掛かりました。材質は亜鉛鉄板、板厚は2.3ミリです。

プレス金型の使用条件が変わりました

プレスのダイクッション装置を使用する予定でしたが、お客様の都合により海外生産ということになりました。その機械はダイクッション装置は付いているのですが、あまり使っていないので壊れているかもしれないという情報が入ってきました。安全を考え、バネでクッションプレートを動かすことが出来る様に設計変更しました。稼動量80ミリを確保するバネをどのようにしてプレス金型に組み込むかがポイントです。工夫してよい方法を見つけました。

試作結果は

上ポンチに若干の修正はありましたが、無事図面どうりの製品が出来るプレス金型を作ることが出来ました。

お問い合わせ・ご相談・お見積

「金型が壊れたから急いで修理したい」「製造工程削減のアイデアが欲しい」など、お気軽にお問い合わせ下さい。