金型のお悩み解決事例

補強金具のプレスPI-CUT型

補強金具のプレスPI-CUT型

どの様な加工をするプレス金型なのか

今回の依頼は三条市のお客様からの依頼です。PI-CUT加工後の寸法が重要です。材質は鉄、板厚は2.3ミリです。

どの様なプレス金型か

両端を同時にPI-CUTする形式のプレス金型として設計製作しました。特に問題が起きそうなことはありません。抜きクズが確実にプレス金型外に排出できるようにするための加工が少し手間取りました。それと、客先からの要望でプレス加工後の製品が取り出しにくいので良い方法はないかということでしたので、ストリッパープレートに磁石を埋め込みました。プレス加工後に製品がストリッパープレートに付いて上がるようにしました。

試作してみて

PI-CUTの部分はバリの発生も無く寸法もきちんと出ました。ストリッパープレート部分に磁石を入れたので、加工後製品が上型と一緒に上始点まで上がり取り出しやすくなり作業効率が上がりました。

お問い合わせ・ご相談・お見積

「金型が壊れたから急いで修理したい」「製造工程削減のアイデアが欲しい」など、お気軽にお問い合わせ下さい。