金型のお悩み解決事例

屋根部品の追加工曲げ金型

屋根部品の追加工曲げ金型

耐圧試験の結果強度不足が判明しました

今回は前回の曲げ製品が、試験の結果不具合が生じた為に製品の設計変更による追加工のプレス曲げ金型を設計製作します。前回と同じく三条市のお客様です。

どこをどの様にして曲げ強度を増すのか

製品の山形の斜めの部分を内側へ折り込んで強度を出すように設計変更されました。押し込み型を作って成形加工をして、図面どうりの形を出そうと決めました。実際に試作をしてみると、きれいに内側へ成形できませんでした。原因は当社のCAD・CAMの限界を超えてうまく形状加工が出来なかったことです。そこで、試作を繰り返しながら製品のあたりの強い部分を少しずつ落として行くことにしました。

最終的には

何とか客先の満足のいく形状になりました。今回は最終仕上げに時間がかかりました。いくら加工機械の精度が上がっても、プレス金型というものは最終的には人による微調整が必要です。

お問い合わせ・ご相談・お見積

「金型が壊れたから急いで修理したい」「製造工程削減のアイデアが欲しい」など、お気軽にお問い合わせ下さい。