金型のお悩み解決事例

プレス金型によるパイプのツブし加工(2)

プレス金型によるパイプのツブし加工(2)

2工程目の加工です

前回平たくツブしたパイプの次の加工です。今回の加工はツブした部分を15ミリほどの段差をつける加工です。

プレス金型の構造は

前回と同様上ストリッパープレートと下ストリッパープレートでパイプ部分を挟んで、それから段差形状の付いた上型と下型でパイプのツブした部分を押して段差形状を作ります。

結果は

加工に使用したプレス能力が足りず、ぼけた感じにしか成形できませんでした。客先もプレス加工能力の不足を認めて、後は自分達で修正加工を加えるということで了解を頂きました。

お問い合わせ・ご相談・お見積

「金型が壊れたから急いで修理したい」「製造工程削減のアイデアが欲しい」など、お気軽にお問い合わせ下さい。