金型のお悩み解決事例

プレス金型によるパイプツブし加工(3)

プレス金型によるパイプツブし加工(3)

最終工程です

前回までの加工で製品形状は出来上がりました。最終工程は先端のアールカットと取り付け用穴のピアス加工です。

どの様に加工するのか

すでに製品がコの字に曲がっているため、前回と同様に天狗形式のプレス金型で加工するしかありません。心配なのは、加工時にプレス金型が上下にあおられる点です。これも前回同様プレスストロークの許す範囲内でホルダープレートとダイプレートを厚くして対応します。

結果は

プレス金型はあおられることも無く、加工した製品もバリの発生も無くきれいな製品が出来上がりました。

お問い合わせ・ご相談・お見積

「金型が壊れたから急いで修理したい」「製造工程削減のアイデアが欲しい」など、お気軽にお問い合わせ下さい。