金型のお悩み解決事例

取っ手部品

取っ手部品

直径6ミリの丸棒に段差6ミリをつけるプレス金型です

今回の依頼は加茂市のお客様からの依頼です。6ミリの丸棒の取っ手部品です。長さ200ミリ、中央部に長さ140ミリ、段差6ミリを付けるプレス金型の設計製作を依頼されました。材質は鉄の直径6ミリの丸棒です。

どの様なプレス金型の構造にするか

製品全長200ミリで、中央部の長さ140ミリ、段差6ミリを付ける加工をするとなると、形状から判断して、普通に押すと製品両端が跳ね上がった状態になります。そこで対策として、ハネ上げとポンチの中央部を湾曲させた形状として作り両端の跳ね上げ防止対策としました。

結果は

段差6ミリ、両端と段差部の平行も出て図面どうりの製品が出来上がりました。

お問い合わせ・ご相談・お見積

「金型が壊れたから急いで修理したい」「製造工程削減のアイデアが欲しい」など、お気軽にお問い合わせ下さい。