金型のお悩み解決事例

台車部品のプレスFo型

台車部品のプレスFo型

車輪を元から支える部品です

天板と呼ばれる部分です。今回の依頼は三条市のお客様からの依頼です。製品の付加価値増大のため材質を従来のものからN590ハイテンに変えて作ります。板厚は2.9ミリです。

Fo型はどの様な構造か

客先から工程指定があり1回で形状を出さなければなりません。上プレス金型、下プレス金型共に製品図どうりに作り試し打ちをして寸法を測定し、違っていたところを修正していって製品図どうりの形状が出来るようにプレス金型を作っていきます。

結果は

初回トライで予想どうり製品図とは違うところが出てきました。過去の経験から原因は一回の加工では材料の流れ込みに無理があると判断されます。製品を客先に見せて、こちらの見解を伝え今後の対策を立てます。

お問い合わせ・ご相談・お見積

「金型が壊れたから急いで修理したい」「製造工程削減のアイデアが欲しい」など、お気軽にお問い合わせ下さい。