金型のお悩み解決事例

建築金物の抜きプレス金型の修理

建築金物の抜きプレス金型の修理

加工段取り最中にプレス金型が壊れました

今回の依頼は加茂市のお客様からの依頼です。抜きプレス金型の交換作業中に、試し打ちを2,3回したら上パンチの角が欠けてしまいました。材質は鉄、板厚は1.0ミリです。

どの様に直すか

客先より連絡があり壊れたのは上パンチだけなので、上パンチだけをケンマして欲しいということでした。約1.2ミリほどケンマしなければなりませんが低くなった部分は裏側にスペーサーを入れることとして客先より了解を得ました。実際に上プレス金型を分解してみると、上パンチには抜け止めの役割を果たすためにカド部を出っ張らせてありました。これではケンマして低くなった分のスペーサーを入れることが出来ません。又バネの縮み代も大丈夫か確認する必要が出てきました。バネは現状では縮み限度いっぱいなので余裕を見て5ミリ短いものに交換しました。

納品しました

上プレス金型しか修理の為持ってこなかったので、客先に修理を完了した上プレス金型を納品して加工してもらいました。問題なく加工できて良品が出来ました。

お問い合わせ・ご相談・お見積

「金型が壊れたから急いで修理したい」「製造工程削減のアイデアが欲しい」など、お気軽にお問い合わせ下さい。