金型のお悩み解決事例

建築金物のバーリング径変更

建築金物のバーリング径変更

設計変更によるバーリング径の変更です。

今回の依頼は加茂市のお客様からの依頼です。材質はステン、板厚は0.5ミリです。

金型はどの様な状態か

何十年も使われている金型なので、今までに何回か設計変更が行われており穴位置の変更跡や入れ子がたくさん入れて改造してあります。幸い今回の設計変更は穴径の変更だけで済みます。したがって修理内容はバーリングパンチの交換、ストリッパープレートの穴径修正、ダイスの穴径修正だけです。

試作の結果は

バーリング径は図面どうりの寸法になり、製品はダイスに食いつくことも無く取り出すことが出来ました。

お問い合わせ・ご相談・お見積

「金型が壊れたから急いで修理したい」「製造工程削減のアイデアが欲しい」など、お気軽にお問い合わせ下さい。