金型のお悩み解決事例

20年前のプレス金型のメンテナンス

20年前のプレス金型のメンテナンス

錆びだらけのプレス金型です

今回の依頼は三条市のお客様からの依頼です。建築金物部品のトリム形式のプレス金型です。20年前に1ロット(数量不明)生産しただけです。今回は在庫が無くなったので発注が着ました。20年前のプレス金型なので、どこにあるかわからずやっと見つけることが出来ました。プレス金型を見てみると錆びだらけで良品が加工できるか判らないので、プレス金型のメンテナンスの依頼が来ました。材質はステン、板厚は2.0ミリです。

プレス金型の状態は

全体に錆びだらけです。パンチ、ダイスの刃先はケンマすれば使えそうです。そこで錆を落とし、パンチ、ダイスの刃先をケンマすることにしました。

試作の結果は

プレス金型は錆だらけなので、最初はネジ部やノックピン部に油をしみこませてネジやノックピンを取れるようにしました。そしてパンチ、ダイスをケンマしてプレス金型を試作できるようにしました。試作品はバリなどの発生も無く良品が加工出来ました。この状態で客先に納品しました。それにしても20年前に使った金型を、その後発注も無いのに保管していたのは驚きました。ほとんど売れてない製品と判断されますが、廃版にならないのが不思議です。

お問い合わせ・ご相談・お見積

「金型が壊れたから急いで修理したい」「製造工程削減のアイデアが欲しい」など、お気軽にお問い合わせ下さい。