金型のお悩み解決事例

ドア位置固定金具のプレスピアス金型

ドア位置固定金具のプレスピアス金型

20年以上使ってきたプレス金型です

今回の依頼は三条市のお客様からの依頼です。円筒形に絞った製品の側面に3箇所同時に穴を開けるプレス金型です。20年以上も使っているためダイスの切り刃がダレていて加工後はその形状に製品が倣ってしまうので取り出せなくなってしまいます。それを取り出せるように直して欲しいという依頼です。材質はステン、板厚は0.4ミリです。

どの様に直すのか

基本的にはダイスを新規に作り直すのがベストです。客先にいきなり新規にダイスを作るのではなく、今のダイスを修正して楽に取り出せるように調整してみてはどうかと提案しました。客先もその件を了解し、今のダイスを製品の当たりを見ながら調整してみることにしました。

試作の結果は

製品の加工後の変形も無く楽に取り出せるようになりました。この状態で

客先に試作に立ち会ってもらった結果良いということになりましたので納品しました。

お問い合わせ・ご相談・お見積

「金型が壊れたから急いで修理したい」「製造工程削減のアイデアが欲しい」など、お気軽にお問い合わせ下さい。