金型のお悩み解決事例

屋根金具の順送プレス金型の修理

屋根金具の順送プレス金型の修理

他社で製作した順送プレス金型の修理です

今回の依頼は三条市のお客様からの依頼です。元々このプレス金型を作った金型屋さんが廃業され、他の金型屋さんに修理依頼を打診したところ断られたので当社に依頼が来ました。材質はステン、板厚は2.0ミリです。

プレス金型はどの様な状態か

PI-CUT部分にヒビが入っており、新規に作り直さなければなりません。当然のことながら金型図はありません。スケルトンとプレス金型があるだけです。カット形状、送りピッチ、止め穴位置等を測ります。その寸法で薄板をワイヤー加工して上型に合わせて形状等を確認してから新規に金型を作ります。

形状測定

三次元測定器でカット形状、穴ピッチ等を測りますが、細部は各金型屋さんでそれぞれのノウハウがあるので、測った形状を薄板でワイヤー加工して実際に上金型に合わせるまでは形状は確定できません。今回はここまでの報告となります。続きは次回までお待ち下さい。

お問い合わせ・ご相談・お見積

「金型が壊れたから急いで修理したい」「製造工程削減のアイデアが欲しい」など、お気軽にお問い合わせ下さい。