金型のお悩み解決事例

建築金物の曲げプレス金型の修理

建築金物の曲げプレス金型の修理

設計変更に伴う改修以来です

今回の依頼は三条市のお客様からの依頼です。曲げ高さ変更により突き当て定規の改修をしなければなりません。ついでにノックアウトが一部欠けている状態なのでそれも新作してほしいという依頼です。材質は鉄、板厚は4.5ミリです。

他社で製作した曲げプレス金型です

プレス金型を製作された金型屋さんが廃業されたので改修依頼が当社に来ました。当然のことながら金型図などはありません。そこで現物を寸法取りしてノックアウトは製作しました。

試作の結果は

製品は問題なく加工出来ました。長年の使用によりダイプレートが曲がっていることが試作時判明しました。その為加工時にMGガイドポストが無理やり曲がって入っていきます。今までこの状態で加工していたようです。この点を修正するかどうか、現在客先と協議中です。修理するのが本筋でしょうが、予算、今後の生産予定などを総合的に客先が判断して決めます。

前回のプレス金型は現在寸法確認の最終段階に入っています。この金型の報告はもう少しお待ちください。

お問い合わせ・ご相談・お見積

「金型が壊れたから急いで修理したい」「製造工程削減のアイデアが欲しい」など、お気軽にお問い合わせ下さい。