金型のお悩み解決事例

建築金具のプレス曲げ型

建築金具のプレス曲げ型

部品の強度を増します

今回の依頼は三条市のお客様からの依頼です。最近の異常気象のせいで今までの部品では強度不足のため壊れることが多くなってきたので、その対策として現行製品にビートを入れて強度を増すことにしました。材質は鉄、板厚は3ミリです。

どの様にプレス金型を改造するのか

確実に強度が増したことを試験で確認しなければならないので、何回かパンチ、ダイス、ノックアウトの修正が必要であると考えます。そこで、まずは仮のパンチ、ダイス、ノックアウトを作りこれを修正しながら強度の出る形状を決めます。それから量産用のパンチ、ダイス、ノックアウトを作るという手順で製作していくことにしました。

結果は

5~6回の修正は行いましたが、客先からの要望を満足させる製品が出来上がりました。このまま量産へと移行します。

お問い合わせ・ご相談・お見積

「金型が壊れたから急いで修理したい」「製造工程削減のアイデアが欲しい」など、お気軽にお問い合わせ下さい。