金型のお悩み解決事例

タイトフレーム曲げ型の修理

タイトフレーム曲げ型の修理

曲げプレス金型を壊してしまいました

今回の依頼は三条市のお客様からの依頼です。プレス加工機に金型を取り付ける最中に上プレス金型と下プレス金型をぶつけてしまい破損しました。そこを直して欲しいという依頼です。材質は鉄、板厚は2.3ミリです。

どの様に直すのか

30年以上も前に作られたプレス金型です。当然金型図はありません。尚且つ製品図すらありません。今までプレス金型で加工した状態で良しとしていたようです。現物合わせで修理するしか方法はありません。壊れ方が角が書けたようになっているので、肉盛りをして直すことにしました。後は上型プレス金型と下型プレス金型の勘合を見て少しづつ削って合わせていきます。

試作の結果は

製品はうまく出来ました。ここで一つ問題が発生しました。上プレス金型を肉盛りしているときに、他にもヒビが入っていることがわかりました。このヒビが原因で上型が割れることが将来予想される旨客先に報告しておきました。

お問い合わせ・ご相談・お見積

「金型が壊れたから急いで修理したい」「製造工程削減のアイデアが欲しい」など、お気軽にお問い合わせ下さい。