金型のお悩み解決事例

フックの曲げ型

フックの曲げ型

一定の曲げ幅が必要です

今回の依頼は加茂市のお客様からの依頼です。今までプレスブレーキで曲げていましたが、曲げ幅のバラツキが大きいと客先からクレームがありました。そこで加工方法をプレスによる曲げ加工に変更してバラツキを無くすことにしました。材質は鉄、丸2.9ミリの丸棒です。

どの様なつくりの曲げプレス金型にするか

製品発注先からプレス金型費は払ってもらえないそうです。そこで、上型と下型だけの仮型という方式で製作することにしました。

結果は

コノ字型にきれいに曲がった製品が加工できました。予算の関係で上型、下型の合わせが無いので、プレス機に取り付けるときは慎重に行わなければなりません。

お問い合わせ・ご相談・お見積

「金型が壊れたから急いで修理したい」「製造工程削減のアイデアが欲しい」など、お気軽にお問い合わせ下さい。