金型のお悩み解決事例

テーブルの足のプレス穴明け型

テーブルの足のプレス穴明け型

線材をツブして平らになったところに穴を明けます

今回の依頼は加茂市のお客様からの依頼です。直径5ミリの線材の一部を厚さ2.3ミリまでつぶしたところに、直径4ミリの穴を明ける金型を作って欲しいという依頼です。

金型はどの様にするのか

同じ加工をするプレス金型を別の金型屋さんが作ったのですが、穴明け加工後、製品が曲がり、抜きバリも多く発生して製品としては使い物にならなかったそうです。そこで今回は当社にプレス穴明け型の製作依頼が来ました。材料をストリッパープレートとダイスでがっちり押さえて加工する構造にしました。

結果は

若干の調整はありましたが、製品の曲がり、バリの発生も無くきれいな製品が加工出来ました。

お問い合わせ・ご相談・お見積

「金型が壊れたから急いで修理したい」「製造工程削減のアイデアが欲しい」など、お気軽にお問い合わせ下さい。