金型のお悩み解決事例

屋根部品のプレス曲げ型の修理

屋根部品のプレス曲げ型の修理

底の平坦度が出ません

今回の依頼は三条市のお客様からの依頼です。海外工場で長年使っていたプレス曲げ型で、底面の平坦度が出ないので直して欲しいという依頼です。

どの様に直すのか

海外で使っていたプレス金型なので当然プレス金型図などはありません。とにかく分解してみて状態を把握し対策を立てることにしました。原因はダイプレートの陥没、上ポンチ、ノックアウトの磨耗が原因でした。各パーツをケンマして平坦度を出して組み付けました。

結果は

きれいな平坦度が出るように加工出来ました。長年使用して、上パンチ、ノックアウトが磨耗したのでしょう。平坦度を出そうとしてプレスのストロークを下げて加工したのでダイプレートが陥没したものと判断いたします。

お問い合わせ・ご相談・お見積

「金型が壊れたから急いで修理したい」「製造工程削減のアイデアが欲しい」など、お気軽にお問い合わせ下さい。